利尻カラーシャンプーは緑色に染まるって本当?実際に染めた結果!

Yahoo知恵袋などの口コミサイトで「利尻カラーシャンプーって緑色に染まるのでは…?」と心配されている方を見つけました。

結論からいうと「ブラックのみ最初らへんは緑っぽくなる」のですが、他の色はまず緑色になることはありません。

上の画像は利尻カラーシャンプーのブラックで1回だけ白髪を染めたものです。見事に緑っぽいですね。

でも、利尻カラーシャンプーは毎日使うことで徐々に白髪が染まるであり、何日間か使っていれば緑色は解消されるようになっています。

 

また、黒色に染める白髪染めシャンプーは「すべての商品が緑っぽくなる可能性が高い」ので、利尻カラーシャンプーだけの話ではないのです。

実際に利尻カラーシャンプーで染めてみたので、画像を見ながら「なぜ緑色になるのか」を解説していきます。

 

\\利尻カラーシャンプー全4色で染めた写真付きの体験談ページです//

【写真付き】利尻カラーシャンプーで美容師が7回染めてみた口コミ体験談!

利尻カラーシャンプーで「緑色」が出るのはブラックで染めた最初のみ

利尻カラーシャンプーで1回染めた毛束

利尻カラーシャンプーの全4色を購入して100%人毛の白髪毛束に染めてみました。

水で濡れた毛束に泡立てて、時間を置かずにすぐ流したものです。(基本的な使い方と同じ)

左からブラック・ダークブラウン・ナチュラルブラウン・ライトブラウンと並んでいます。

 

こうしてみてみると、緑色っぽくなってしまったのは「ブラック」のみで、他のカラーで染めた毛束は「赤~黄」の間の色に染まっています。

それもそのはずで、黒色は「青・赤・黄」が混ざった色なので、利尻カラーシャンプーのブラックに入っている「青味」と、白髪が持つ黄味が混ざって「緑色」が出来てしまうからです。

ブラック以外のカラーは青味が抑えられているので、1回シャンプーしただけの色が少ししか載っていない状態でも、緑色に見えることはまずありません。

利尻カラーシャンプーで7回染めると緑っぽさが消えて綺麗な黒色になる

利尻カラーシャンプーで7回染めた毛束

先ほどの毛束に+6回染めてみました。合計7回シャンプーした状態です。

さきほど1回染めただけのブラックは緑色っぽくなっていましたが、7回染めるとちゃんと黒色になっていて、緑っぽさは消えています。

他の色もかなり濃く染まっていて、利尻カラーシャンプーは回数を重ねることで見える色味が全然違うことがよく分かりますね。

 

利尻カラーシャンプーは毎日使用することで、徐々に髪の表面に染料がくっついていくことで、濃い色が発色されて染まりがよくなる仕組みです。

1回染めただけでは薄い色素がくっついているだけなので、本来の色が見えてくることはありません。

白髪染めシャンプーの特性上、どうしても青味を強くしないといけないブラックは、染めはじめだけは緑色が見えてしまいます。

髪質にもよりますが、白髪に黄ばみがある方は緑色が見えやすく、赤味がある方は緑色が見えにくいです。

 

それに、利尻カラーシャンプーのブラックは3回ほど染めると緑色感はかなり消えますし、7回も染めれば立派な黒色になりますが‥・

Amazonや楽天で売っている市販の黒染めシャンプーだと、15~20回染めても緑色が消えないものもあります。

染色力が弱い商品ほど「ブラックで染めたときの緑っぽさが長く続く」ので、そういった意味では利尻カラーシャンプーほど使いやすいブラックはありません。

 

少しずつ髪を染めて色を重ねるという特徴があるので、利尻カラーシャンプーに限らず白髪染めシャンプーを使ってみたい方はよく理解した上で使用してみてください。

「え!なんで緑色になるの‥・?最悪(怒)」と思ってしまうのも無理はありません。

しかし、ブラック以外ならまず緑っぽくなる可能性はありませんし、ブラックでも使い始めは2~3回連続でシャンプーする等すれば、緑色を防ぐことができますよ^^

白髪染めトリートメントでも緑色になることはある

資生堂プリオール 緑色

余談ですが、染料が濃くて少ない回数で白髪が染まる「白髪染めトリートメント」でも緑色になることがあります。

実際の例では、資生堂プリオールの「ダークブラウン・ブラウン」の2色共、染めはじめの数回は緑色っぽくなりました。

上の画像の左がダークブラウンで右がブラウン、どちらも1回だけ染めた毛束です。

 

白髪染めにおいて、髪の色は「白髪が持っている色+染めたときに定着した色」で説明ができるので、黄味が残っている白髪に毛染めをすると、青味が混ざって緑色になることは多々あります。

1回でしっかり染まる白髪染め用品であれば緑色にはまずなりませんが、白髪染めシャンプーより染まる白髪染めトリートメントでも、場合によっては緑色になってしまうのです。

 

ただ資生堂プリオールの例も、何度も染めることで赤や黄といった他の色が重なっていくので、緑色がずっと続くことはありません。

利尻カラーシャンプーと同様、回数を重ねると緑色は解消されて、販売ページに載っている見本色のような仕上がりになります。